名古屋の営業倉庫から東海圏に広がるトータル物流ネットワーク

会社概要

社長挨拶

株式会社大橋倉庫は、大正4年の創業以来、地域の物流を担わせていただきながら、より快適で革新的な物流サービスの提供を通じで、社会とともに持続的に発展できる企業を目指しています。
今後とも、皆様方のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


会社概要

商号株式会社 大橋倉庫
本社所在地〒452-0838 愛知県名古屋市西区長先町18番地
TEL.052-501-2421 FAX.052-501-2424
設立昭和42年(創業 大正4年)
資本金3,000万円
代表者大橋 徹也
営業品目 許認可事業
倉庫業
貨物自動車運送事業
利用運送事業
毒物および劇物販売業
これに付帯する一切の業務
従業員数18名
保有車両 トラック7輌(4トン車4輌/10トン車1輌/1トン車1輌/軽バン 1輌)フォークリフト 9輌
主要取引先(敬称略・順不同)

昭和電工株式会社 / 昭和電工建材株式会社/ エムスケミー・ジャパン株式会社 / 日本曹達株式会社/ 日曹金属化学株式会社 / 日曹商事株式会社/ ゴム工業資材株式会社 / 株式会社伏見製薬所 /双龍株式会社 / 昭光通商株式会社 /株式会社メイコン/リアルスタイル株式会社/株式会社カナル/西濃運輸株式会社/東陽倉庫株式会社/丸全昭和運輸株式会社/富永電機株式会社/名古屋貨物運輸倉庫株式会社

取引銀行スルガ銀行名古屋支店
主な加入団体社団法人東海倉庫協会/社団法人愛知県トラック協会/西区交通安全協会/愛知県危険物安全協会/社団法人名古屋商工会議所/社団法人名古屋市西法人会

沿革

大正4年3月名古屋市西区西菊井町において大橋運輸を創業。名岐鉄道(現在の名鉄)押切駅の貨物指定取扱店となり発着貨物の荷捌きを行う。
その後、取扱い貨物の増大により輸送業務に加えて保管業務を開始。周辺に倉庫を建設、運輸・倉庫兼業にて営業。
昭和15年8月押切駅の廃止に伴い、倉庫業を主要事業として営業を継続。
昭和23年4月貨物取扱事業の認可を受ける。
昭和25年日曹商事株式会社 名古屋支店との取引を開始。
昭和28年昭和電工株式会社 名古屋事務所との取引を開始。
昭和30年日本曹達株式会社 名古屋出張所との取引を開始。
昭和37年4月倉庫業及び運輸業の認可を受ける。
昭和42年9月有限会社を設立。大橋一生が代表取締役に就任。
昭和44年7月事業所を現在の本社事業所所在地に移転。危険物倉庫を併設して六棟の一類倉庫を新設認可、営業を開始する。
昭和49年6月有限会社を組織変更し、大橋運輸倉庫株式会社とする。
昭和52年8月資本金を3,000万円に増資。倉庫を全面改築し、物流センターを完成し、コンピューターによる在庫の一元管理と得意先各社とのオンライン接続によるデータ交換を実現する。
昭和58年11月昭和電工株式会社建材事業部(現在の昭和電工建材株式会社)の製造プラントを隣接して設置。製造加工業務を受託する。
平成3年9月西春日井郡春日町に春日事業所を開設。営業開始する。
平成4年8月社名を株式会社 大橋倉庫と改称。
平成9年4月大橋英生が代表取締役に就任。
平成10年4月3世代目の在庫管理システムを設計・導入。
平成10年6月春日事業所に危険物倉庫を増設。
平成17年12月在庫管理システムを更新。
平成21年3月本社事業所に危険物倉庫を増設。
令和元年6月大橋徹也が代表取締役に就任。
ページの先頭へ戻る

会社概要

営業倉庫について

必要な時に必要なだけ倉庫スペースをご利用いただけます。

物流サービスについて

高速道路直近の物流拠点で、各方面へ迅速に高品質な輸送サービスをご提供。

加工サービスについて

徹底した在庫管理から、商品の仕分け・梱包など様々なニーズを低コストで実現。

お気軽にお問い合わせください